妊娠線予防その1

妊娠線(ストレッチマーク)ケアは、予防クリームだけに頼らないで!

妊娠線予防作戦その1:体重管理

妊婦さん全体に言えることですが、体重管理は健康な妊娠生活の要。

妊娠中毒症予防対策や安産対策として、最近の産婦人科は厳しく体重管理をする傾向にあります。妊娠中に増えてもよい体重は、8~12kgくらい。それ以上になると担当の医師や助産師に注意を受けるはずです。

妊娠線予防のためにも、まずは急激な体重増加を防ぐことです。ただし「体重増加を防ぐ=食べない」ではないことは忘れないで。

赤ちゃんのためにも、栄養価の高い食事は大切です。薄味の和食を中心に、低カロリーで高タンパク、ビタミン類・カルシウム・繊維質豊富な食事を1日3回きっちり摂りましょう。

ストレス解消には間食も必要ですが、脂分の多いスナック類・甘いお菓子はたまのご褒美程度に。フルーツや野菜を取り入れた手作りの焼き菓子やゼリーを食べることで、脂分・糖分をコントロールするのが理想です。

ちょっと手間はかかりますが、赤ちゃんが誕生した直後はお菓子作りどころではなくなるケースがほとんどです。妊娠中の時間をチャンスととらえて、カロリーコントロールに挑戦してみましょう。