妊娠線予防その4

妊娠線(ストレッチマーク)ケアは、予防クリームだけに頼らないで!

最大の作戦:もう産まれそう!!なその日まで、作戦続行。

もっとも大切なのは、妊娠線を予防するための様々な努力を「ギリギリまで」続けることです。なぜなら、プレママのお腹というのは臨月の後半になって急に大きくなったり、前に張り出すことがあるからです。

この点は、とくに初めて妊娠する人には予測のつきにくいところでしょう。

おそらく産院でも、「最後の最後に太らないように気をつけて」というような注意を受けるはずです。赤ちゃんがギリギリまで成長を続けるということ、また出産直前になると妊婦さんが自分に甘くなり、気が緩みがちになることを産院のスタッフもわかっているからです。

おばあちゃん世代の人たちの中には、「もうすぐお産なんだから、たくさん食べて力をつけなさい」という人もいるかもしれません。良かれと思って言ってくださっているので、笑顔で返すマナーは必要かもしれませんが、本当にこのタイミングで大量に食べてしまうのは間違いです。

出産直前に太ることで様々なリスクが高まり、産道が狭まって難産になる可能性もあります。何より赤ちゃんとママの安全のために、そして2番目くらいに妊娠線を予防してキレイなボディを保つために、よく覚えておきましょう。